北海道旅行レポート
H11.10.10修正
便利な列車の時刻   手荷物のきまり   指定席確保作戦
12/19夜から12/24朝まで18きっぷを使って行ってきました。

12/19(金)
寒川 21:26→茅ヶ崎 21:34 相模線

風邪の影響で頭がボーっとしていたけど旅行を強行。
駅員がいなかったのでそのまま改札を入る。
この時点では18切符に日付なし。

茅ヶ崎 21:46→ 品川 22:31 東海道線

373系という特急東海やムーンライトながらと同じ車両。
快適で寝ている間に品川到着。

品川 22:33→新宿 22:51 山手線

実際に乗った山手線はこれよりあと。
山手線はあまり時間通りではないらしい。
品川から渋谷まで立っていて風邪のせいでつらかった。

新宿 23:09→村上 12/20(土)6:05 ムーンライトえちご

新宿に着くとすでに列車が止まっていた。
1〜3号車より4〜6号車の方がシートが良かった。
自分は5号車だったので快適。
指定券を持たずに乗って車掌に相談している人が何人かいた。
席に着くとすぐに眠る準備に入った。
大宮を過ぎたあたりで検札がまわってきて、18切符の日付を押された。
寒川から乗ったことを言うと20日の日付を2個押した。
この辺もまだ意識もうろう。
ほとんどの人が新潟で降りて、終点まで行く人は少なかった。


ムーンライトえちご 新宿駅

村上 6:08 →酒 田 8:32 羽越線

村上からは気動車である。4両編成ですいている。
村上駅の先で今まで直流の電気だったものが交流になる。
そのためかどうか分らないけど電化なのに普通列車は気動車である。
眠いので車内でまだ寝る。
山形県に入るとまだ暗いのに高校生が乗り始めてきた。
駅に停まるたびに高校生が増えていった。
方言がばりばりで遠くへ来たという実感がした。
あっという間に通学列車になった。
ほとんどの学生は鶴岡と余目で降りていった。


酒田行き 酒田駅

酒田 9:43 →秋田 11:36

酒田で軽い朝食をとって待合室で待つ。
この駅は列車ごとの改札で発車10分前にならないとホームに入れない。
電車は701系という新しい車両。ロングシート。ボタンでドアを開閉する。
これを知らない18きっぷでの乗継者は開けっ放しにしたのでにらまれていた。
電車はすごく空いていた。風邪の方はちょっとだけ回復傾向。


秋田行き 酒田駅

秋田12:05 →青森 15:31

短時間で秋田の駅前を散歩しようと思ったけど無理だった。
発車5分前にホームへ行ったら列車は混んでいて座れなかった。
2駅40分立つことになる。
やっとで座れ、少し経つと雪が見えた。
ムーンライトでも見えたと思うけど寝ていたので分からなかった。
この列車は青森まで結構混んでいた。

青森 18:08 →函館 20:34 海峡

青森は風があって寒かった。
青森で昼食にするけど食欲が余りない。
何か食べないといけないのでマックで軽く食べる。
本屋で立ち読みした後に駅へ向かって列車を待つ。
海峡号は2号車のカーペットカーに乗る。
ここからはカーペットに横たわって寝る。
青函トンネルに近づいたので入る瞬間を見ようと起きた。
しかし、どれが本物か分らないうちにトンネルに突入。
電光掲示板でトンネル内の列車の位置が表示されていた。
最深部の蛍光燈は確認した。
吉岡海底駅も確認した。
トンネルを出たらその後はまた寝直し。


快速海峡 青森駅


函館駅

函館 23:30 →札幌  6:30ミッドナイト

函館はすごく寒かった。日が落ちて風が強いからかもしれない。
函館で3時間近く余裕がある。
とりあえずラーメンを食べに行く。
本で調べぬいたところへ行った。
味は普通くらいだった。
駅へ戻って待つこととする。
今日は大型の時刻表の発売日だけど本屋に並んでいない。
30分前にフェイントでミッドナイトに乗る。
車内はガラガラ。
ちょっと経つと何人か乗ってきた。
少し空きが残ったまま出発となった。
カーペットカーは横になって眠れるので快適。
揺れが多いのが難点。
乗った日の18きっぷで新札幌まで行けるので、
車内で新札幌から札幌までの切符を買う。260円。
これで終点まで乗れる。
札幌は白い世界で感激。


ミッドナイト 函館駅

12/21(日)
札幌へ着いて待合室で外が明るくなるまで少しテレビを見る。
それから軽く朝食を食べて北海道庁舎と時計台を行く。
駅を一歩出ると氷の世界でよく滑る。
特に横断歩道は車に磨かれていてよく滑る。
道路の白線が何も見えないので歩行者用の信号があるところを渡るようにした。
10時過ぎに東急百貨店へ体を温めるため入る。
おもちゃ売り場にはおすっちめすっちが大量に余っていて
その他たまごっち全種が売っている。人気後退が伺える。
今はヨーヨーの時代らしい。
デパートから出ると外は吹雪。
みんなフードをかぶって吹雪へ突入している。
自分は帽子もフードも持っていない。
仕方ないので危険覚悟で傘をさす。
傘をさしている人は少ない。
吹雪の中、大通り公園の地下道まで歩く。
傘やかばんに付いた雪は叩くとほとんど落ちた。
パウダースノーは濡れないのでいい。
昼食はラーメンと決めていたのでホームページで調べた限り
観光用のラーメン屋らしい「味の三平」へ行く。
ビルへ入るといちめん文房具ばかり。
よく探すと角にラーメン屋発見。
6人待ちで20分待った。
ラーメンは座った途端に出てきた。
これが元祖味噌ラーメンかと思いながら食べる。
味はよかった。
自分が店を出るときは30人くらいの行列となっていた。
日曜日の昼はすごく混むみたい。
ここからは何も予定を決めていなかったのでとりあえず市電に乗ってそのまま寝てしまった。
あまり考えていなかったので終点まで乗ってすすき野で降りた。
地下道を歩いて大通り公園へ行ってデパートや本屋へ寄り道しながら行ったので
着いたのは3時過ぎていた。
テレビ塔はのぼる予定がなかったけど近くまで来てしまったのでのぼることにした。
高さの割にエレベータ料金が高かったけど乗った。
日の入り直前で吹雪がやんで景色がすごく良かった。
やがて暗くなってイルミネーションが点灯してすごくきれいだった。
あまり一人で見る景色ではないと思った。
その後、ラーメン横丁の中で人気があるという「ひぐま」で食べる。
「三平」と比べてスープが薄い気がした。麺は同じだった。
そこからユースホステルまでのんびり歩いた。
札幌の靴屋では各種の靴のスパイク付きが売っていた。
スパイクは折畳み式。これならば安心して氷上を歩けると思った。
ユースホステルは駅からすごく近くて部屋から列車の通る音が
すごく聞こえるところだった。設備は普通だった。
門限が10時で、風呂上がりに徒歩1分のヨドバシカメラへ行く。
部屋へ戻ると同室の人がいた。
5人のうち2人は中国語をしゃべっていた。
10時消灯で、疲れていたのですぐに寝る。


時計台(改修中)


大通公園 テレビ塔より


大通公園


札幌のある通り

12/22(月)
朝7時半に起きる。
みんなすでに起きていて、日本人2人はすでに出発していた。
すぐに準備をしてユースを後にする。
このユースは交通の便がすごくいいのでまたいつか使うと思う。
コンビニで朝食を買って小樽行きの電車に乗り込む。

札幌 8:18 →小樽 9:08

札幌で発車ギリギリ乗り込む。何とかすわれた。
発車して、駅に停まるたびに窓から下り列車を見るとすごく混んでいる。
今日は平日と言う事を忘れていた。
学生は見なかったのでどうも冬休みらしい。
手稲ですいてきたのでやっと昼食を食べる。
小樽へ降りてどこへ行くか決めていなかったのでとりあえず運河に向けて歩く。
地図を見ながら歩くと親切なおじさんがどこへ行くのか聞いてきた。
どこへ行くか決めていないと言うと循環しているバスに乗って1周して
降りたいところで190円払って降りればいいと教えてもらった。
乗って北一ガラズで結構降りる人がいるので降りる。
20分間店内を見る。
きれいな物ばかりだけど高いものばかり。
1つ気に入ったものがあったけど高いのでやめる。
バスに乗って次は裕次郎記念館でみんな降りるので190円払って降りた。
そして裕次郎記念館へ入っていった。
裕次郎は昔に西部警察で見ただけでそれほど情熱的なファンでなかったけど
いろいろと見ているうちに親近感がわいてきた。
土産物を見て何か買おうと見ていたけど買うと荷物になるしバスの時間もあるので
出る。あとで考えたらテレカなどの小さいものならば荷物にならなかったと思って
ちょっと後悔している。
バスに乗って運河で降りて鉄道公園まで歩く。
鉄道公園は雪で屋内しかやっていなかった。
バスで小樽へ戻って時間を見ると余裕がない。
当初は南小樽の「初代」でラーメンを食べようと思っていた。
中止して駅弁の「かにめし」を買って列車に乗り込む。


小樽行き 小樽駅


小樽市内 道路は真っ白


小樽運河

小樽 14:00 →札幌 14:29
エアポートライナーは早いと思いながら駅弁を食べる。
あっという間に食べおわる。
札幌で旭川行きに乗り換えた。


エアポートライナー 千歳空港行き

札幌 14:40 →旭川 17:10

この電車は改造車で座席が減らされてデッキにあるドアがないので
駅に着くと極寒の風が車内へ入ってくる最悪の車両だった。
混んでいて座れない。
乗って30分くらいで座れた。
見る見る外は暗くなっていく。
北海道は16時過ぎると暗くなる。
旭川へ着いた。
札幌より少し寒い。マイナス4度と表示されていた。
少し駅前を散歩してラーメンを食べる。
食べた店は「梅光軒」。
味はかなり良かった。
今回4回食べたラーメンの中で2番目に良かった。


旭川駅

除雪車 旭川駅
旭川 20:49 →札幌 23:24

コンビニを歩いて探して立ち読みしていたら電車の発車時間が近づいていた。
急いで買うものを買って駅へ行った。
駅ではまだ改札していなかった。
旭川駅も列車改札で列車の発車10分前から改札をしている。
岩見沢で停車時間が長かったのでいったん改札を出る。
そしてまた乗ったときには席がドア近くしかなかったのでそこへ座る。
そこはすごく暑くて温度計は28度をさしていた。
座席は温風が直接来るのでもっと高い。
暑い席に札幌まで座る。

札幌 23:36 →函館 12/23(火)6:30 ミッドナイト

乗り換えたときにはすでに列車はとまっていて乗っている人がいた。
1ブロック8人で、1両が3ブロックに別れている。
すでに4人いた。
真ん中付近に転がることにして横になる。
隣はおじさん、反対側は飛び込み客のおばさんだった。

函館で下車して朝市へ行こうと思った。
しかし体調が悪くて食欲が無い。
残念ながら朝市での朝食はあきらめる。
外が明るくなってから市内の散策に出かける。
いろいろな建物を見て9時に函館駅へ戻ってくる。
まだ朝食を食べる気分でないけどお土産を買うために朝市へ行く。
まずカニを売っている人に捕まってとりあえず見て
「値段抜きでどのかにがいい?」
と聞かれたので棚の中で一番大きいタラバガニがいいと言った。
1万8千円の値札が付いていたけど交渉して1万円にしてもらった。
その後、1000円のイクラを2個で1000円で買って、白い恋人とちょうちんを買って
駅へ戻った。
駅に着くとすでに改札をしていた。

函館 10:51→青森 13:23 快速海峡

2号車のカーペットカーに乗る。
急行はまなすの車両みたいで、ドリームカーが指定席になっていて
カーペットカーは普通の下と個室的な上段があった。
グループによっては階段を上がって占領していた。
自由席が2両なのでちょっと混んでいた。
今回はトンネルへ入る瞬間と出る瞬間を確認した。
この車両は電光掲示板はなかった。

青森 13:31→秋田 17:07

青森ですぐに乗り換えて秋田へ向かう。
やっぱりロングシートの車両。2両。
外は所々雪が残っている。
北海道へ行っている間に雪が降ったみたい。

秋田 17:24→酒田 19:04

もう外は暗い。
電車はさっきと同じで2両。
秋田駅のコンビニで食べ物を買って急いで乗り込む。
1時間すると車内は18きっぷ乗り継ぎ組ばかりになっていた。
みんな弁当食べている。自分もさっき買ったものを食べる。

酒田 20:06→村上 22:23 

酒田では時間があるので近くのダイエーへ行った。
本屋へ行ったけど新しい時刻表や鉄道雑誌やカメラ雑誌は見つからなかった。
マンガの単行本の発売日の表には首都圏より1日遅れると書いてあった。
ちなみに旭川では首都圏より2〜3日遅れると書いてあった。
なんとなくアイスが食べたくなったので買って車内で食べる。
気動車は4両でガラガラ。
ほとんどがムーンライトの乗り継ぎ組。

村上 22:31→新宿 12/24(水)5:10 ムーンライトえちご

ムーンライトは新潟から進行方向が変わるので座席は全て後ろ向きだった。
指定券の席へすわると端の方で何となくおかしい。
切符をもう1度見ると「L」のマークがある。
実は女性専用席だった。
新潟で車掌に言うと2つ前の席に座ってくれと言われて
一般と女性席の間の予備席に座った。
車掌は「自分で買わなかったから」と言っていた。
でもこの指定券は自分で買った。
SLの撮影の合間に辰野駅で買ったのが間違いだったみたい。
辰野ではあまり売ったことがなかったらしい。
本を調べて打っていたので間違えたのだろう。
だから残席19という表示が出たと思う。
この時点で女性席は1席しか売れていなかったみたいである。
座り直してからは疲れていたのですぐに寝る。
少し経って車掌に切符拝見で起される。
気が付くと隣に飛び込み客が座っていた。
目が覚めるとすでに大宮を過ぎていた。
当初は赤羽で乗り換えて東京5:20発に乗ろうと思ったが
眠かったので新宿まで乗っていった。

新宿 5:13→東京 5:32 中央線各駅停車

オレンジの中央線の各停に乗ったのははじめて。
朝早いけど割と乗っていた。

東京  5:46→茅ヶ崎 6:44 静岡行き

ちょっと混んでいた。
寝て起きたらもう着いたという感じ。
反対側の上り列車は通勤ラッシュとなっていた。

茅ヶ崎 6:54→寒川 7:07 
   
やっとで寒川へ到着した
赤羽で乗り換えなかったので予定より30分遅かった。
またもや改札に駅員がいない。


自分が行った時期は慌てて指定券を買わなくてもよかったらしい。




最初のページ


メールは へ