富山レポート

1999.05.23修正

1999.01.14から01.16まで
1999年1月15日(金)
寒川 0:08→茅ヶ崎0:16 茅ヶ崎行き

改札に駅員がいたので日付を入れてもらおうとした。
切符を見せると下車印を押されそうになった。
これから出発することを伝えて日付を入れたもらった。
年月日の入った日付を入れられた。
終電なので帰宅客ばかりだった。
相模線の電車にはこれから旅行すると思う人が何人か乗っていた。

茅ヶ崎0:20→平塚0:25 湘南ライナー小田原行き

茅ヶ崎でも何人か今夜の夜行に乗ると思われる人が待っていた。
皆湘南ライナーに乗ったみたい。
湘南ライナーはガラガラ。

平塚0:44→名古屋6:05 ムーンライトながら

平塚では寒いので階段の上で待っていた。
下りの終電時間を気にしている人が多かった。
5分前になってホームに降りた。
国府津に着くとデッキで立っていた人が一斉に座ってきた。
小田原からはたくさんの人が乗ってきた。
半数は通勤帰りのようだった。
通路までいっぱいだったけど、熱海と三島を過ぎると少し落ち着いてきた。
浜松で隣りに着いた臨時を見るとムーンライトながらと同じように
座れない人が多くいた。
通路までいっぱいだった。
豊橋を過ぎると各駅停車になって車内放送も始まった。
途中駅からも乗る人が増えてきた。

名古屋6:08→岐阜6:29 大垣行き(臨時)

名古屋では臨時に乗換える人が走って乗換えていた。
名古屋で切り離しの車両だったので臨時に乗換えた。
今回臨時に乗った理由は岐阜で時間を作るため。
どこもいっぱいだったけど前の方の車両に空席があったので座った。
ここでは臨時大垣行きは快速扱いになっている。
岐阜では、改札に18きっぷが人数分足りなくて清算している人がいた。
岐阜駅が新しくなって初めて降りた。
駅の北にはコンビニがなくて南へ移動したら見つけた。

岐阜6:57→美濃太田7:28 美濃太田行き

岐阜からの高山線は2両だった。
18きっぷ組がたくさん乗って混んでいた。
場所によって雪が残っていた。

美濃太田7:34→高山10:14 高山行き

こちらも2両で18きっぷ組ばかり。
進むにつれて雪が多くなってきた。
交換待ちの時、ホームに降りて雪で遊ぶ人がいた。
交換の時に今夜泊まるユースホステルに電話で予約した。

富山まで下車せずに行こうと思ったけど観光するルートが
決まらない上、ちょうど雪が積もっているので高山で降りることにした。
ガイドブックを持っていなかったので観光案内所で地図をもらって出発した。
高山は前日に雪が積もったらしく一面真っ白だった。
道路にも雪が残っていて雪の上を車が走っていた。
歩道にも雪が残っていて歩きにくかった。
まず陣屋へ行き、その後古い町並みを歩いてみた。
あちこちで除雪作業をしていた。
段々雪がとけてきて道路がぐちゃぐちゃになってきた。
歩きにくい上に車が通ると泥がはねるので最悪だった。

昼は本に載っていたコショウたっぷりのラーメンを食べた。
メニューは中と大だけ。
観光客ばかりで食べおわる頃には外に列ができていた。

高山13:23→富山15:30 富山行き

富山行きはすいていた。
18きっぷ組は少ないみたいだった。
県境に近づくにつれて積雪が多くなってきた。
峠を越えると逆に少なくなってきた。
富山市内でもまだ雪が残っていた。

下車して富山城まで歩いた。
途中で雨が降ってきたので富山城はちょっと見るだけにして
市内電車に乗ることにした。

丸の内→南富山駅前 富山地鉄市内線

200円均一だったので丸の内から南富山駅前まで乗った。
南富山は割と遠かった。
雪はあちこちに残っていた。

南富山→地鉄富山 富山地鉄

南富山から富山までは富山地鉄に乗った。
時刻表を見ると5分後にちょうどあるみたいだった。
ちょっと違ったら乗れないところだった。
300円とはちょっと高い

富山→金沢

途中から快速になるという米原行きに乗った。
外は暗いけど、雪が積もっているのが分かった。
乗客は少なかった。

金沢→片町1丁目

どのバスに乗ったらいいのか路線図を見たら目の前に止まっている
ほとんどのバスが近くまで行くことが分かり、ちょうど入ってきたバスに
飛び乗った。
香林坊が金沢の中心なのでほとんどのバスは香林坊を経由して行くみたいだった。
外は雨から雪に変わっていた。
ユースホステルへ無事着いた。
受付をしている時、先週の大雪の日に何をしていたか聞かれた。
全国的に雪だったがこの日関東は晴天だった。

1999年1月16日(土)

金沢市内を歩いてまわった。
犀川から武家屋敷、兼六園、石川門、東山という順で行った。
金沢は3度目で、行ったことのないところだけ回った。
武家屋敷あたりでは大雨になり、香林坊に戻って雨やどりした。
じきに雨が止み兼六園へ向けて歩き始めた。
兼六園は2回も来ているので雪が積もっていて晴天だったら行こうと思っていた。
兼六園まで来たら晴天になったので入園することにした。
年末年始とお盆は無料になっていたので入園料を払ったのは今回が初めて。
開園してすぐだったので人がいなくてすごく撮影しやすかった。
雪の兼六園は一面真っ白ですごくよかった。
歩くのはすべりやすくて前夜の雪が少し積もっていたので大変だった。
10分くらいすると団体さんがたくさんやってきた。
どうも裏側から入ったので人が少なかったみたいで、表側は人がたくさんだった。

石川門も3回目で、雪なので行くことにした。
前回来たときは城内が大学だったのに移転して公園の整備工事が行われていた。
博覧会に合わせて工事が行われているらしいです。
大学は移転したことが掲示されていました。

石川門から東山までは雨の中歩いて行った。
東山はちょうど人が1人だけでちょっと待てば人がいない状態で撮影できると思った。
そしたら団体さんが1組やってきた。
少し待てば団体さんはいなくなると思ったら次々と別の団体さんがやってきて
人だらけになってしまった。

ここからはバスで金沢駅へ向かった。
金沢中央郵便局へ行きたかったためできれば郵便局の前を通るバスに乗りたかった。
時刻表を見ると駅へ行くバスは選べるほど本数がなかった。
香林坊が金沢の中心で、香林坊へ行くバスばかりだった。
目の前でバスを1本見送っていた。
時刻表を見ると金沢行きは2本続けてバスがあることが分かり、
1本しか見送っていないので時間がすぎているが1本来ると信じていた。
少し待つと遅れたバスが入ってきた。
JRバスで、金沢駅行きだけどどこを通るか全くわからなかった。
金沢中央郵便局が目の前にみえたとき、このバスが郵便局を通っていたことがわかった。
すでにバス停は過ぎているので次で降りることにした。
次は金沢駅終点だった。
郵便局へ行った理由は切手を買いたかったからで、ふるさと切手はその地方と中央郵便局だけで
取り扱っているので金沢中央郵便局へ行ったわけです。
切手は井原線開通の切手です。

金沢1120→富山1227→糸魚川1347 直江津行き

ここから糸魚川行きに乗った。
外は雪景色で続いていた。
富山で停車時間中に昼食としてますのすしを買った。

糸魚川1352→南小谷1448 南小谷行き

ここからは豪雪地帯なので大雪になったらダイヤが変わるようなことが書いてあった。
進むにつれて雪がひどくなってきた。
積雪も多くなっている。
集中豪雨で崩れた地域も通過していった。
南小谷は雪の中だった。
スキー場があるのでこれくらいの雪は当然ですが。

南小谷1503→松本1653 辰野行き

新車を予想していたら違った。
ドアは手で開けた。
スキー場がたくさんあるので板を持って乗ってくる人がたくさん乗ると思ったら
あまり乗ってこなかった。
目の前の国道はすごい渋滞が続いていた。
スキーへ行く人のほとんどは車ででかけるみたい。

松本に近づくと雪がなくなり天気が回復した。
松本はこの時期晴天になる日が多くて東京より降水量が少ないので思ったとおり
雪がなかった。でも寒かった。

松本1721→甲府1912 甲府行き

ここからは電車に座れなかった。
臨時列車があるということで遅れて発車した。
1時間くらい進んでようやく座ることができた。
このあたりからはテレビを見てすごした。

甲府1947→大月2033 大月行き

甲府で夕食の弁当を購入。
駅弁はもう終わっていた。
乗った電車は数駅進むうちにガラガラになった。
ここでは検札があった。

大月2049→高尾2125 高尾行き

大月ではホリデーパスの手書きの宣伝があった。
ホリデーパスのフリー区間の端にあたるため
東京を往復すればすごく元が取れる様なことが書いてあった。

乗った電車はガラガラ。
青春18きっぷ組が多い気がした。

高尾2134→八王子2140 快速東京行

電車は少し遅れて入線してきた。
入線してすぐに発車した。
八王子へはほぼ定刻に着いた。

八王子2145→橋本2156 東神奈川行き

電車はけっこう混んでいた。
八王子みなみの駅は立派だけど誰も降りなかった。

橋本2205→寒川2258 茅ヶ崎行き

ほとんど寝てすごす。
家に着く頃にはかなり疲れていた。

結局、富山旅行と言いながら金沢と高山がメインの旅行になった。 




最初のページ